現場レポート

高崎市にて養生をしてから水性反応硬化形ソフトフィラーで外壁の下塗り塗装

2021年4月18日更新

群馬県高崎市にて外壁塗装工事を行っています。

本日は、養生作業と外壁の下塗り塗装についてご紹介します。

 

養生

上記写真が養生です。

窓等の塗らないところをマスカーテープやマスキングテープで塞ぎ、塗料の飛散で汚さないように守ります。

壁とサッシの取り合いは、綺麗なラインを出す為に真っ直ぐ貼りつつ、塗料がテープの中にもぐらないようしっかり密着させないといけません。

 

外壁下塗り

養生が終わり次第、塗る作業に移ります。

まずは、外壁の下塗りを行いました。

ダメ込みと言って、刷毛で先に狭いところを塗っておきます。

こうしておくことで、ローラーでの塗り作業がスムーズになります。

 

外壁下塗り

全く、透けやムラのない下塗りが終わりました。

下塗りは、外壁と塗料の密着性を上げる為に塗るものです。

すなわち、いくらフッ素や無機塗料などの良いものを塗るとしても、下塗りがいい加減だったり適正じゃなかったりすれば、意味がなくなってしまうのです。

 

外壁下塗り

今回、外壁がモルタルでしたので、パーフェクトフィラーという水性反応硬化形のソフトフィラーを使用しました。

ヒビ割れへの追従力性が高く、密着性に優れ、フィラーでありながらシーラーの機能も兼ね備えているので、こうしたモルタル壁には最適な下塗り材となってます。

塗装屋さん側からすると、シーラーだけで済ませた方が材料が伸びるので塗料代を安く抑えられて良いかもしれませんが、こだわった下塗りをするとなれば、やはりこうした水性反応硬化形ソフトフィラーなどを使いたくなります。

シーラーでも特に問題はありませんが、本音を言えば、シーラーを入れてフィラーも塗るという、2回の下塗り作業を行うのがベストです。

ご予算が合えばそういったご提案もしたいところですが、無理に進め過ぎてもよくないので、そんな時はフィラーを用いるのが最善だと思います。

 

弊社では、何よりも下地調整にこだわり、出来る限り長持ちする塗装工事を行っておりますので、外壁塗装工事をお考えの際は、株式会社浦部住総までお問い合わせくださいませ。


群馬県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

株式会社浦部住総

https://urabe-toso.com/
住所:群馬県藤岡市藤岡1229

お問い合わせ窓口:0120-954-901
(9:00-19:00 土日祝も営業中)

対応エリア:群馬県 藤岡市、高崎市、富岡市、安中市、前橋市、桐生市、伊勢崎市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://urabe-toso.com/case/
お客様の声 https://urabe-toso.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://urabe-toso.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://urabe-toso.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 建設業許可 群馬県知事許可(般-26)第23537号
  • 日本住宅保証検査機構「JIOリフォーム瑕疵(かし)保険」加盟 A3001916
  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外壁診断士
  • 外装劣化診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習修了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習修了
  • 瓦屋根工事技士
  • 一級かわら葺き技能士
  • アドグリーンコート認定施工店
  • WBアート認定施工店
  • プレマテックス認定施工店
  • ガイナ認定施工店
  • オートンイクシード認定施工者
  • 雨漏り診断士(雨漏り診断士協会認定)
  • 他、多数
職人教育にも力を入れています!