現場レポート

群馬県安中市でサイディングボード外壁の下塗り塗装を行いました。

2021年5月31日更新

本日は群馬県安中市で住宅の塗り替え塗装工事を行わせて頂いているお宅で、外壁の一回目の塗装「下塗り」と外壁の二回目の塗装「中塗り」を行いましたので、使用した塗料などご紹介したいと思います。

一般的な外壁の塗り替え工事では、下塗り・中塗り・上塗りの計三回塗りで仕上がりとする仕様が標準仕様となります。

下塗りには密着力を与える効果・下地を隠蔽し仕上がりを向上させる効果など下地調整効果が求められます。

中塗り・上塗りは、最終的な美観・発色・艶感など仕上がりが求められ、また同じ塗料を塗り重ねることで十分な塗膜厚の確保・塗膜性能を十分発揮させることが求められます。

 

今回の建物のサイディングボードは築年数に対してのチョーキング現象や色褪せなどの劣化が見られず、無機系や親水表面処理の施された難付着系統の様子が見られましたので密着力を重視し、密着力の高い日本ペイント水性パーフェクトシーラーを使用して下塗りを行いました。

こちらが塗装前の外壁サイディングボードになります。

外壁 既存

こちらが下塗り完了後の外壁サイディングボードになります。

外壁 シーラー

日本ペイントの水性パーフェクトシーラーは、浸透+高付着 各種下地に対して高い浸透性と含浸補強性能を持つとともに、高い付着力があります。

高意匠サイディングボードと呼ばれる、新築時に「高耐候」や「超低汚染」を目的として無機成分により表面処理された意匠性の高いサイディングボードは、一般的な下塗り塗料では付着性を十分に確保しにくいことで知られています。これまで無機や親水表面処理が施された高意匠サイディングボードでは、下地の活性状態によって、下塗りシーラーの付着性が十分に発揮されないケースがあり、早期の塗膜の剥離など密着性の問題がありました。水性パーフェクトシーラーは窯業系サイディングボードの種類・表面の活性状態に付着性が左右されにくく、密着力の高い下塗り材となります。

シーラーを塗ってないところがないようにたっぷりと塗装します。

外壁 シーラー

 

外壁 シーラー

外壁 シーラー

 

今回使用した下塗り材は、日本ペイントの水性パーフェクトシーラーホワイトという透明ではなく顔料の入ったホワイトタイプを使用しました。ホワイトタイプで下地を隠蔽しておくことで、最終的な仕上がりを向上させることができます。

 

 

 


群馬県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

株式会社浦部住総

https://urabe-toso.com/
住所:群馬県藤岡市藤岡1229

お問い合わせ窓口:0120-954-901
(9:00-19:00 土日祝も営業中)

対応エリア:群馬県 藤岡市、高崎市、富岡市、安中市、前橋市、桐生市、伊勢崎市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://urabe-toso.com/case/
お客様の声 https://urabe-toso.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://urabe-toso.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://urabe-toso.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 建設業許可 群馬県知事許可(般-26)第23537号
  • 日本住宅保証検査機構「JIOリフォーム瑕疵(かし)保険」加盟 A3001916
  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外壁診断士
  • 外装劣化診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習修了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習修了
  • 瓦屋根工事技士
  • 一級かわら葺き技能士
  • アドグリーンコート認定施工店
  • WBアート認定施工店
  • プレマテックス認定施工店
  • ガイナ認定施工店
  • オートンイクシード認定施工者
  • ダイヤスーパーセランフレックス認定施工店
  • ダイヤカレイドビジュー認定施工店
  • 雨漏り診断士(雨漏り診断士協会認定)
  • 他、多数
職人教育にも力を入れています!