現場レポート

埼玉県熊谷市で屋根塗装工事を行わせて頂きました。

2020年10月8日更新

本日は、埼玉県熊谷市で屋根塗装工事を行わせて頂いたので工程の流れと使用した材料についてお話したいと思います。

 

こちらの写真は、ローラーを使って屋根の下塗りを行っている場面となります。

使用した塗料は、日本ペイントのターペン可溶2液形エポキシ樹脂シーラー「ファイン浸透シーラー」と言う塗料です。この塗料は、含浸性と密着力に優れた、弱溶剤2液形のエポキシシーラーとなります。劣化した、ぜい弱素材の表面を補強し、強度を高め、素材と強固に密着します。

屋根 シーラー

写真上半分がファイン浸透シーラー塗布後。下半分が塗布前となります。ファイン浸透シーラーが浸透しているのがわかります。

屋根 シーラー

続いてこちらの写真は、「タスペーサー」と呼ばれるスレート屋根用の縁切り部材を挿入している場面となります。

スレート屋根材に一般的な3回塗りの塗装をすると、場合によっては屋根材と屋根材の間に塗料が入り接着した状態で硬化してしまうことがあります。

接着した状態で硬化してしまい水の逃げ道を塞いでしまうと、毛細管現象で吸い上げられた雨水を排出する事が出来なくなり、屋根下地材の腐朽を引き起こし、最悪の場合雨漏りに発展する事もあります。そういった事態を防ぐために塗装前にあらかじめ縁切り部材であるタスペーサーを挿入しておき屋根材と屋根材の隙間を拡張・確保しておきます。

屋根 タスペーサー

タスペーサー挿入後はタスペーサー分の厚みの隙間が確保されます。

屋根 タスペーサー

 

 

続いてこちらは、屋根の中塗りを行った写真です。

左側が中塗り後、右側が中塗り前の写真となります。

使用塗料は、日本ペイントのターペン可溶4フッ化フッ素セラミック変性樹脂屋根用塗料「ファイン4Fベスト」という塗料となります。

「ファイン浸透シーラー」を下塗り、中塗り上塗りに「ファイン4Fベスト」というメーカー推奨仕様を採用することで、脆弱な下地に浸透し、素地を強化し、艶感の高い優れた美粧性を発揮します。

屋根 中塗り

 

こちらは計四回塗りで塗装を行った仕上がった屋根の写真となります。

屋根 仕上がり

 

株式会社浦部住総では、群馬県内・北埼玉エリアを中心に住まいのメンテナンス工事をご提案・施工させて頂いております。お気軽にご相談ください。


群馬県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

株式会社浦部住総

https://urabe-toso.com/
住所:群馬県藤岡市藤岡1229

お問い合わせ窓口:0120-954-901
(9:00-19:00 土日祝も営業中)

対応エリア:群馬県 藤岡市、高崎市、富岡市、安中市、前橋市、桐生市、伊勢崎市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://urabe-toso.com/case/
お客様の声 https://urabe-toso.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://urabe-toso.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://urabe-toso.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 建設業許可 群馬県知事許可(般-26)第23537号
  • 日本住宅保証検査機構「JIOリフォーム瑕疵(かし)保険」加盟 A3001916
  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外装劣化診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 労働安全衛生法による技能
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 一級かわら葺き技能士
  • アドグリーンコート認定施工店
  • WBアート認定施工店
  • プレマテックス認定施工店
  • ガイナ認定施工店
  • 他、多数
職人教育にも力を入れています!