現場レポート

群馬県千代田町でスレート屋根(窯業系屋根材)の塗装。板金部には錆止めを

2021年1月7日更新

群馬県邑楽郡千代田町の塗装工事現場です。

本日は屋根板金部の錆止め塗装、屋根下塗り塗装及び中塗り・上塗り塗装のお話しをさせていただきます。

 

今回の住宅は屋根材にスレートが施工されており、弊社では部材によって下塗りの塗料を変えております。

ケラバや片棟の板金部分は金属製ですので、放っておけばもちろん錆びてしまいます。

なので、錆止め塗装を行い、しっかり長持ちするようにしなければいけません。

 

屋根板金部錆止め

そして、屋根の大部分はスレート材です。

よく耳にするコロニアル(窯業系屋根材)と言った方がわかりやすいと思います。

コロニアルは年数が経つと、劣化し、脆弱となってしまいます。

今回使用した下塗り材は日本ペイントのファイン浸透シーラーという窯業系屋根材専用の下塗り材となります。

コロニアル(窯業系屋根材)への塗装は、

・旧塗膜への付着性

・基材への浸透及び基材の強化 が重要となります。

日本ペイントのファイン浸透シーラーは、旧塗膜への付着性と基材の浸透及び基材の強化をすることのできるスレート屋根塗装に適した、下塗り材となります。

 

屋根下塗り

こちらの塗料は「塗る」というよりも「吸わせる」という表現が正しいです。

スレート屋根表面が飴色になり、全体的に濡れ感が出ている様子が望ましいです。

 

屋根中塗り

そして中塗りです。

中塗りの段階で既に十分な艶を発揮していますが、やはり2回塗りと3回塗りでは大きく違います。

 

屋根上塗り

最後に上塗りを行い、スレート屋根の3回塗りは完了となります。

中塗り・上塗りには日本ペイントのファイン4Fベストと言うフッ素樹脂の塗料を用いました。

建物の中で最も劣化しやすいのは屋根であり、今回のようなスレート屋根(窯業系屋根材)は特に痛みが激しいので、新築時から10数年経ったら一度点検してもらうと良いかと思います。

 


群馬県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

株式会社浦部住総

https://urabe-toso.com/
住所:群馬県藤岡市藤岡1229

お問い合わせ窓口:0120-954-901
(9:00-19:00 土日祝も営業中)

対応エリア:群馬県 藤岡市、高崎市、富岡市、安中市、前橋市、桐生市、伊勢崎市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://urabe-toso.com/case/
お客様の声 https://urabe-toso.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://urabe-toso.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://urabe-toso.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 建設業許可 群馬県知事許可(般-26)第23537号
  • 日本住宅保証検査機構「JIOリフォーム瑕疵(かし)保険」加盟 A3001916
  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外装劣化診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習修了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習修了
  • 一級かわら葺き技能士
  • アドグリーンコート認定施工店
  • WBアート認定施工店
  • プレマテックス認定施工店
  • ガイナ認定施工店
  • オートンイクシード認定施工者
  • 雨漏り診断士(雨漏り診断士協会認定)
  • 他、多数
職人教育にも力を入れています!